アクセス・周辺観光

周辺観光

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館は、アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設として、国内外で活躍する21人のアーティストによるコミッションワークの展示のほか、芸術文化活動の支援や交流を促進するための施設です。

手作り村 『鯉艸郷』

9,000坪の園内に花菖蒲園、ルピナス、芍薬、山野草園などがございます。 日本の伝統的園芸種「花菖蒲」や四季折々の花々をご観賞いただき、心やすらぎのひと時をお過ごしいただきたいと思います。

官庁街通り 『駒街道』

長さ1.1km幅36mの道には165本の松と156本の桜が4列の並木を作り、春には桜、冬にはイルミネーションが彩りを添えます。   また、花壇にはサルビアやパンジーなどの花が四季折々に美しく咲き誇ります。

奥入瀬渓流

十和田湖岸から約14キロの間には大小15の滝と数多くの早瀬がつらなる。また、奇岩、岸壁も見事で、春の新緑、秋の紅葉期には観光客でにぎわう。国特別名勝および国天然記念物に指定されている。

十和田湖

湖面標高400メートル、最大深度327メートル、透明度25メートル、周囲44キロメートルです。典型的な二重カルデラ湖で、「十和田・八幡平国立公園」の中心です。

八甲田山

青森県の上北郡、南津軽郡、青森市、黒石市に広がる山塊を八甲田山とよび、荒川を境に、北八甲田連峰と南八甲田連峰とからなっており、十和田八幡平国立公園の一角にあります。

馬事公苑 『駒っこランド』

馬の文化資料館「称徳館」が、平成12年6月10日にオープンし、「馬と人との交歓リゾート」を基本テーマに、交流館・駒っこ牧場・遊具施設(コンビネーション遊具やローラー滑り台)等が平成17年4月に増設されました。

道の駅とわだ『とわだぴあ』

朝どりした野菜がなくなると、昼にまた届くシステムなので、 常に新鮮で豊富な種類の野菜が並びます。 遊具や場外馬券場、体験工房(匠工房)なども併設されているので、 のんびりとした休日にはもってこいのスポットです。

道の駅奥入瀬 『ろまんパーク』

美しい景観が楽しめる広大なエリアに、ほっとくつろげる親水公園やコニファーガーデン、芝生広場などがあり、ゆったり自然を満喫できます。レストランや物産館などといった施設も充実していて、グルメ派さんも大満足。旅の思い出が深まること間違いありません♪